国際交流学科

カリキュラム

専門科目カリキュラム

基礎を固め、段階的に専門分野を探求するプログラム制
グローバルな視点で考え、国際社会で行動できる能力を着実に身につけるために、基幹科目、実践科目、プログラム科目からなるカリキュラムで学びます。

基幹科目
人権、環境、歴史、政治、経済といった国際社会を理解するうえで不可欠な基礎知識を学び、各自の関心領域を見定め、各プログラムに進む準備をします。

実践科目
国際政治など現代的課題を英語で学ぶ、事例を通して研究のための調査方法を学ぶ、海外実習により国際交流を体験するなど、知識を社会で活用するために必要なスキルを実践的な学びでみがきます。

プログラム科目
各自の特性や志向に合わせて2年次前期に「国際協力」「文化交流」「人間環境」のうちいずれかのプログラムを選択します。卒業までの3年間で各プログラムの中核となる「推奨科目」、さらにその周辺の関連科目を学びます。

国際協力プログラム
国際的な政治・経済・法のしくみを学び、国際協力のあり方を理解し、国内外で実践できる国際協力や社会貢献の能力・方法を身につけます。このプログラムでは、平和、貧困、格差、人権、開発など、国境を越えて複雑に絡み合う政治・経済・社会問題を発見し、その原因を探求し、問題を解決する能力を身につけます。また、現実に展開されているさまざまな国際協力についての知識を深めます。
文化交流プログラム
日本および世界の文化、歴史、思想・宗教と、それらの相互的係わりを学び、現代世界の多様性と複合性を理解し、文化的観点から国際交流に貢献できる能力を身につけます。このプログラムでは、世界を国家中心に捉える見方を乗り越え、世界各地の文化の多様かつ複合的なあり方を理解することを目指します。そのためにまず個別的な地域(日本、アジアとヨーロッパ、ラテンアメリカ)に注目し、これらの地域の歴史や文化、宗教がどのように影響し合っているのかを学び、文化の多様性を尊重しつつ世界と共存していくための文化交流の歴史的背景と現在についての知識を拡げていきます。
人間環境プログラム
自然と社会の環境について学び、地域や生活者の視点から、私たちの暮らしのあり方、調和のための条件等を理解し、他者との共生に貢献する能力を身につけます。このプログラムでは、暮らしと地球環境、食の地産地消やブランド化、観光の促進、ソーシャルビジネス、メディアの多様化、福祉・格差問題などを世界とつながる身近な課題として捉え、その解決策や改善策を考えます。そして、私たちの環境や暮らしを見直し、改善し、調和を取り戻して他者と共生することのできる実践力を養います。



カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる