日本の言語・文学・文化に関する充実した学びを経て、
『信頼される日本語の使い手』へ

キーワード

#日本語 #日本文学 #日本文化 #日本語教育 #万葉集 #源氏物語 #百人一首 #歌舞伎と宝塚歌劇 #夏目漱石 #プロレタリア文学 #漢詩文 #創作 #国語教職 #日本語教師 #語学 #留学

フェリスを綴る'おたより'
twitter フェリス女学院大学 日本語日本文学科

学びのポイント

01. 日本語・日本文学・日本文化の各領域を深く掘り下げ、知見を広げる

「日本語」の領域では、現代日本語の構造や歴史的変化、地域的差異など、日本語を総合的に捉える日本語学と、社会的・文化的差異や教育環境などにも目を向けながら日本語教育を考える日本語教育学を学べます。「日本文学」では上代から現代、さらには和漢比較文学まで、あらゆる時代の文学を当時の社会や文化、宗教観や思想、歴史的な事柄なども踏まえて読み深めます。「日本文化」は、古典文化から現代ポップカルチャーまで幅広い分野を対象に、その表現について考察します。

日本語・日本文学・日本文化の学びのポイント

02. 小説・短歌・詩の創作やマンガ・アニメ・映画を読み解く授業など、多彩な科目が充実

日本語・日本文学の諸領域にわたって深くかかわる日本文化。日本文化については、小説や詩、短歌・俳句といった創作を学ぶ授業科目、報道文の執筆や編集、朗読・アナウンスなど日本語での表現力を養う授業科目を開講。また、古くは絵巻・絵図から現代のマンガ・アニメや映画に至るまで、さまざまな時代、ジャンルの作品を通して日本文化を読み解く科目も設置しています。さらに机上での学びにとどまらず、当時の作品原物や創作技術に実際に触れる機会を設けています。

小説や詩、短歌、俳句などの創作に挑戦 実践を通して日本語の表現力を養う 幅広い時代・ジャンルの日本文化を読み解く 日本文化を体験する機会が充実

03. 座学だけではないさまざまな文化体験が可能

日本文化をより身近に感じられる実践的な学びの機会も多く設けています。華道や茶道や香道、日本舞踊や狂言のほか、和紙によるちぎり絵といった体験的な授業を通して、日本文化の理解をさらに深めます。また、学生主導で運営される「国文学会」では、広い視野から日本文化への関心を高める活動を推進。歌舞伎や浄瑠璃、現代劇などの観劇会、鎌倉や伊豆などへの文学散歩、作家やアナウンサーといった日本語の専門的な使い手を招いた講演会などを実施。年2回発行の『国文学会会報』では、教員インビューやゼミ紹介などの情報を発信しており、興味関心のあるテーマを楽しみながら、学びにつなげる機会としています。

04. 日本語教員養成講座も効率的に履修が可能

グローバル化が進む現代社会において、日本語を母語としない人に日本語や日本文化を教える「日本語教員」の需要は年々高まっています。日本語教員養成講座は日本語日本文学科の専門科目を中心としたカリキュラム構成であり、学科の専門的な学修を深めながら、日本語教員としての実践力を身につけることができます。さらに、日本語教育学を専門とする教員のもと、日本語教育に関する専門的な研究に取り組み、卒業論文をまとめることも可能です。

学びの分野

日本語・日本文学・日本文化の3つの柱を中心に学びます。日本語領域には日本語学と日本語教育学が含まれ、日本語教員養成講座と密接なつながりがあります。日本文学は和漢比較文学を含み、上代から中古、中世、近世、近現代までの各時代の作品を探究することができます。さらに日本語、日本文学と深い関わりを持つ日本文化の科目群があり、創作というアウトプット領域も用意されています。
日本文学 日本語 日本文化

ゼミナール一覧

  • 日本語研究の諸問題 ― 今の言葉・昔の言葉・方言 ―
  • 日本語教育学研究 ― 多言語多文化社会と日本語教育 ―
  • 上代文学研究 ― 万葉びとの恋から日本神話まで ―
  • 中古文学研究 ― 平安時代のかな文学を読む ―
  • 中世文学研究 ― 『もののけ姫』から中世和歌まで ―
  • 近世文学研究 ― 歌舞伎・宝塚作品との比較分析 ―
  • 近現代文学研究 ― 漱石から浦沢直樹まで ―
  • 近現代文学研究の諸問題 ― 「かたち」ある「ことば」の変遷を追う ―
  • 和漢比較文学研究 ― 李白・杜甫から天神様の漢詩まで―
  • 創作 ― 小説を書く ―

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種免許状/国語
  • 高等学校教諭一種免許状/国語
  • 日本語教員養成講座修了証(専修、主専攻、副専攻)

卒業後の進路(2021年度卒)

卒業後は、商社・小売(18.5%)、その他サービス(17.3%)、金融(7.4%)を中心に幅広い業界に就職しています。

就職者数81名の進路の内訳

人材養成目的

日本語・日本文学・日本文化に関する学びを通して、調査・研究・創作に関する能力を身に付け、ことばと表現に関する豊かな感性と知性を育み、歴史性・社会性を伴う幅広い視点をもち、社会に貢献する有為な人材を養成する。

三つの方針

卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、日本語日本文学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力を身に付けた者に「学士(文学)」の学位を授与する。

1. 日本語・日本文学・日本文化の領域に関する専門的知識、すなわち各分野の資料論と方法論を十分に修得し、それに基づいて実践的に研究する力がある。また日本語日本文学を中心とする人文系の分野について幅広い教養がある。
2. 外国語については、日本文化を伝え外国文化を理解するに充分な程度の運用能力を身に付け、日本語については、古典から近現代のあらゆる文献の読解能力をもち、単語選択の文体的差異を理解し、適切な日本語文章作成能力が身に付いている。
3. 日本語日本文学分野において自ら発見した問題点に関し、先行する研究を網羅的に把握し、主要なものについては学術的に論理的に批判し、よりよい調査結果・解釈を記述し研究発表会や卒業論文という形で公に問うことができる。
4. 他者に意図が理解されるような分かりやすい資料作りと、口頭発表およびその質疑応答が充分にできる。すなわち文書においても口頭においても洗練された日本語で自己表現できるコミュニケーション能力が身に付いている。
5. 日本語日本文学研究において、一つの対象・方法に固執せず、様々な研究方法・着眼点から人間社会の現象の多様性を観察し、理解して、個々の立場の尊重と所属社会内でのバランスを考えることができる。
6. 日本語・日本文学の領域に関するオーソドックスな学問体系を理解した上で、新しい研究の動向を学び、対象を最新の文学、言語、文化理論によって再解釈し、文化事象の新たな捉え方の可能性を示すことができる。
教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

日本語日本文学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・技能などを修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

1. 科目体制は日本語学・日本文学を柱として体系的に構成されている。日本語学は、日本語学と日本語教育学に、日本文学は上代文学・中古文学・中世文学・近世文学・近現代文学に専門・細分化される。その授業科目は、(a)少人数の演習形式の科目、(b)専門を学んでいくための基礎力を養成する科目、(c)各専門分野の学問体系に沿った科目、(d)分野を横断した学習や実習によって視野を広げる科目、から構成されており、これらを、カリキュラムマップが示すように段階的に履修することにより、日本語日本文学に関する幅広い知識を得ながら、徐々に専門性を深めていくことができる。特に(b)として1,2年次に必修単位を設け、(c)に各分野の研究法を据えることで主体的・実践的な研究力を養成する。その他、幅広い教養を身に付けるために全学共通の教養教育を選択必修として課し、また自由選択科目として他学部・他学科科目を広く履修することもできる。
2. 日本の言語文化を多角的に捉えて世界に発信し、また日本語教育の現場で貢献できるよう、基本的な外国語運用能力を身に付けさせる。英語、中国語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、朝鮮語のいずれかの言語を中心に履修するスタンダード・コースとインテンシブ・コースがあり、英語と初習外国語を均等に学ぶ2か国語履修コースも選択できる。また日本語表現能力向上のため、専門科目で1年次後期に論文作成方法の実践的授業を開講し、クラス指定で履修させる。
3. 1年から4年のすべての学期にゼミを配置し、日本語日本文学分野特有の調査・研究を進めるための実践的な基礎力を修得させる。専門分野の知識、理解を基にした課題発見と調査報告を繰り返すことにより、一般的・客観的な議論の能力を身に付ける。
4. 毎学期のゼミは少人数クラスの演習形式で、口頭発表と質疑応答に充分な時間をかける。他者に理解されるような資料作りと口頭説明を心掛け、自己表現を洗練していくことでコミュニケーション能力が磨かれるようにしている。
5. 様々な時代とジャンルからなる日本語・日本文学の研究対象と研究のスタンスとが、個別に排他的に存在するのではなく、周辺領域たる別分野との有機的連関を意識してこそ成果が上がることを科目体制やゼミ履修方法などから認識させる。
6. 日本語・日本文学の領域に関するオーソドックスな学問体系を理解した上で、ジャンル・分野ごとの各論履修に進み、専門の教員から新しい研究の動向を学ぶ。低学年から古典などの資料性について段階的に修得させ、先入観なく一次資料に臨めるよう養成する。

各授業のシラバスには、受講生に求める課題や学習内容を記載するとともに、評価方法・評価基準についても明記している。また、成績評価については、厳正な評価を行うことを目的としてガイドラインを設けている。
入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

(2022年4月改正)

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

1. 日本の文化・社会・言語を専門的に学ぶために必要な、古典を含む日本語・日本文学についての基礎的な知識をもった学生
2. 日本の文化・社会・言語に関心があり、探究する意欲がある学生
3. 日本の文化・社会・言語に関して自分の意見をまとめ、発信することができる学生

 



入学者選抜においては、受験生が身に付けた力を幅広く評価することを目的として、「一般選抜」「総合型選抜」「学校推薦型選抜」等において次のような様々な入学試験を行っている。

1. 「一般入試」では、筆記試験等により、高等学校等で身に付けた国語をはじめとする基礎的な学力を評価する。
2. 「共通テスト利用入試」では、大学入学共通テストの成績で合否判定を行い、より幅広い科目設定の上で、基礎的な学力を評価する。
3. 自己推薦型の入学試験「総合型選抜」では、筆記試験および個人面接を試験内容とし、高等学校等での日々の学習の成果が備わっているかどうかを重視して評価する。
4. 「指定校推薦入試」は、推薦指定校としている各高等学校等に大学から推薦の条件を示し、書類および面接(口頭試問を含む)からこれまで高等学校等で身に付けた学力および日本語日本文学科で学ぶ強い意欲があるかどうかを確認する。
5. 上記のほか、「帰国生徒入試」、「社会人入試」、「留学生入試」、「編入学試験」では、小論文や学科試験で評価する基礎的な学力や思考力・表現力のみならず、面接試験を通して、受験生のこれまでの様々な体験も含めて総合的に判定を行う。
『フェリス百人一首』出版記念ページはこちら