日本語日本文学科

学びの特色

少人数のゼミを軸に4年かけて専門知識と思考力を蓄えていきます

1年次から、自分で調べて考察したものを発表し、意見交換する能動的な学びを大切にしています。各分野の概論や基礎的方法論を把握した2年次には専門的な演習をこなし、専門ゼミに備えます。いよいよ3年次は、日本語学・日本語教育・古典文学(上代・中古・中世・近世)・近代文学・現代文学・創作・映画映像の分野からひとつを選択し、担当教員によるていねいな指導やゼミ生同士の討論を消化吸収しながら、各自が研究テーマを深めます。そして大学の学びの集大成として、全員が卒業論文を書き上げます。

日本語日本文学科

視野を広げ広くかつ深く学ぶための個性豊かな科目群

カリキュラムには、上記分野に関する基礎から応用までの十分な科目があるほか、詩・小説などを創作する科目や、地域文化、民俗、伝統芸能、書道などに関する専門科目を用意しています。また「マンガ・アニメ論」や「コンピュータと言語」など、最新の文化事象と日本語日本文学との関わりについても目を向けています。これらはいずれも、学生が既存の研究の枠組みにとらわれず、つねに新しいものを生み出せるよう、その手助けをしたいという学科の願いが色濃く反映されたものです。

国際的な活躍の場を広げる「日本語教員養成講座」

国際化が進む今日の社会では、日本語を母語としない人に日本語や日本文化を教える「日本語教員」の需要が高まっています。本学の「日本語教員養成講座」は全学部の学生が受講できますが、海外での教育実習など、特に日本語日本文学科の専門科目がカリキュラムの中心となっているため、学科の専門を深めると同時に日本語教員養成講座を修了することができます。修得単位に応じた修了証書を取得して卒業し、 日本国内外の大学や日本語学校の教員、ボランティア、地方自治体の職員などさまざまな形で、日本語教育の知識を生かして国内外の社会に関わっていきます。

学生主体のさまざまな行事 ― 文学散歩から国際会議まで

カリキュラム外では、日本語日本文学科学生による「国文学会」という学会組織があって、学生同士あるいは学生と教員の親睦を深めるだけでなく、広い視野で日本文化への関心を高められるよう活動しています。作家やアナウンサーを招いての新入生歓迎講演会、鎌倉や伊豆への文学散歩、歌舞伎観劇会、会報の刊行などが毎年行われます。また、ゼミの研修旅行や、各国から研究者を招いての「日本文学国際会議」など、イベントでは学生一人ひとりが重要な役割を担い、ともに創りあげていく力が自然と養われます。