新・音楽学部概要(2019年4月スタート)

音楽の学びを通して新たな価値を創造し、文化やビジネスシーンで活躍する人材を育成します

新・音楽学部さまざまな音楽のジャンルを人々は気軽に楽しむようになり、演奏を聴いたり、作品を発表する場も、コンサートや音楽ソフト以外にゲームや映像、インターネットなど多種多様になってきています。また音楽は、地域や企業が行う文化的活動や医療・福祉の現場で療法などにも用いられ、社会に貢献する存在としても注目されています。音楽に限らず、こうした生活環境の変化やメディアの多様化を受けて社会は今、国際理解力、コミュニケーション力、創造力・イノベーション力などの「グローバル時代にふさわしいスキル」を求めています。

本学は、多様化する音楽ニーズや社会の要請に柔軟に対応するため、2019年4月から従来の音楽教育の概念を一新した、多彩な学びの環境を実現する新しい「音楽学部 音楽芸術学科」をスタートします。音楽をツールに社会とつながる学びの一層の充実をはかり、「新しい時代を切り拓く女性」の育成をめざします。

学部長メッセージ

欲張りに学んで成長する4年間です

フェリスの音楽学部をめざしてくる人には、はっきりとした特徴があります。大好きな音楽についてもっと知りたいし、新しいスキルも身につけたい。それと同時に、幅広く多彩な学問の領域で刺激を受けて視野を広げたいし、語学力も身につけたい。はっきり言って、とても欲張りです。でも、それを可能にする恵まれた環境がここにはあるのです。音楽には人の心がつぶさに表現されているので、これを掘り下げて行くと、必然的に人の心を深く知ることになります。For Othersを自校の理念とするフェリスの温かな環境において、音楽を学びつつ、自由度の高いカリキュラムを最大限に活用して豊かな学びの成果を収穫する学生たち。卒業後は音楽を生かすもよし、音楽で得たパワーを他のことに生かすもよし。未来の可能性を拡げるために、思いきり学んで成長する4年間です。

堀由紀子
音楽学部長
堀由紀子

人材養成目的

音楽の領域を中心とした総合的な学びを通して、現代文化に対する理解を深めることにより、社会に積極的にかかわる、創造性豊かな人材を養成する。

4年間の履修の流れ

新・音楽学部 特設サイトはこちら

キャンパス

1・2年次→緑園キャンパス
3・4年次→山手キャンパス