For Othersの理念に基づいた
積極的なボランティア活動は単位にも認定

本学では“For Others”の理念に基づき、多くの学生がボランティア活動に参加しています。
2003年4月に設立した当センターは、学生スタッフ主体で、企画、運営を実施しています。国内外のボランティアをとおして地域、行政、国際機関、他大学等との連携を図っています。また、学生による問題設定、課題解決にも取り組んでいます。
学生が参加するボランティア活動は、子ども(小学校での学習支援等)、障がい者(障がい者施設での活動等)、海外をルーツとする方々(日本語学習支援、国際文化交流等)等に対する取り組み、国際協力(難民支援、フェアトレード等)、演奏ボランティア(音楽の魅力を普及する取り組み等)と多岐に渡っています。また、外部機関・団体と連携をし、国際機関等でのインターンシップ、海外でのワークキャンプ等も取り組んでおり、ボランティアの活動時間や内容によって、単位が認定されます。

ニュース一覧

ボランティアとは?

ボランティアとは、voluntas(=自由意志)に由来しており、「有志、志願者」などの意味があります。つまり、自主的かつ積極的な活動をする人のことをボランティアと呼んでいます。 しかし、善意の押し付けとなるのではなく、現場に立ち、現場の人に寄り添い、共感し理解しあうこと、その中で教えられたことを活動の中で生かしていくことが、ボランティア活動においては、とても大切です。
ボランティアセンター
〒245-8650
横浜市泉区緑園4-5-3 フェリス女学院大学CLA棟2階 ボランティアセンター
TEL:045-812-8462 FAX:045-812-8467
e-mail:volunt